アスタリフトのアスタキサンチン

 

アスタリフトのアスタキサンチン

「アスタキサンチン」は、特に美容効果が高い成分として、注目されていて、最近では、テレビなどで紹介されることも多くなってきました。

 

アスタキサンチンは、「カロチノイド」という成分のひとつで、身近なところでは、エビやカニ、サケに見られる赤い色のものがこれに当たります。
エビやカニの殻が赤いのは、アスタキサンチンの天然色素なんですね。

 

この「カロチノイド」には抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは、その名のとおり、酸化させない、つまり「さびさせない」作用のことです。
人の体は、鉄ではないので、一般的なさびとは違うのですが、体も参加することで老化現象が始まってきます。
たとえば、体内に溜まったコレステロールは、酸化すると動脈硬化の原因となります。

 

アスタキサンチンが注目されているのは、この強い抗酸化作用。
摂り続けることで、抗酸化力をアップすることが期待されています。
お肌の老化も体と同じこと。
参加を抑制していけば、ハリとみずみずしさを保って、アンチエイジングにつながるというわけです。

 

もうひとつの作用に、紫外線が当たると細胞の中のミトコンドリアがエネルギーを生成し、このときにできる活性酸素を消去する効果もあります。
これをうまく使えば、シミなどによる肌の色素沈着を予防できるということなんです。

 

また、アスタキサンチンは脳内にも入り込めるという珍しい物質です。
もちろん通常の成分は、脳内には入れないのですが、アスタキサンチンは脳の中で活躍することができる貴重な成分なのです。
脳内で毛細血管の血行改善をしたり、眼精疲労を改善したりする・・・
そんな効果も期待されているんですよ。